前へ
次へ

歯触りに変化をつけると食事が楽しい

歯が痛い時などに、おかゆのような柔らかいものばかり続けて食べていると次第に飽きてこないでしょうか。食事は、味の他にも歯触りが意外と重要なのです。献立でも、ごはんと味噌汁、何かのおかずを組み合わせる時には歯触りに注意してみましょう。まず味噌汁ですが、具がやわらかい豆腐とワカメならシャキシャキしたネギを散らすとアクセントになります。豚汁のようにもっと具にバリエーションがある汁物の場合、ねっとりした里芋、コリコリとした歯触りのこんにゃくなどのコントラストも楽しいです。鍋物でも、ハリハリ鍋と言って水菜のシャキシャキした歯触りを楽しむものもあります。汁物やおかずの歯触りにメリハリがない時は、漬物を添えることで変化をつけることも可能です。固いものを咀嚼すると頭蓋骨に音が響き、心地よい刺激になることも、食を飽きさせないポイントです。高齢で歯が悪い人はつい柔らかいものだけを食べがちですが、なるべく変化をつけましょう。

Page Top